電脳如是我聞の逆襲

他人を攻撃したって、つまらない。攻撃すべきは、あの者たちの神だ

あまちゃんに関して極私的なマトメ

素晴らしい最終週だった。鈴鹿ひろ美のライブシーンは圧巻だったし(TVドラマでこんなに号泣したのは初めて)、はたの駅のアキ・ユイが身を乗り出すようにまだ開通していない東京に向かう線路を覗き込むところから(ここのタメが効いてて凄くいいんだ)、光…

あまちゃんとパシリムの夏

少なくとも、おれにとってはそうだった。「あまちゃん」が、いよいよ来週で終わり、そうして今年の夏が終わるんである。まずは「パシフィック・リム」について。もうツイッターでは自分も散々に呟いたし語りつくされてはいるんだが。ただ、どうしても引っ掛…

私は馬鹿でマグレ狙いの豚です

月曜に結果が出ていたんだが、あまりに予想通り過ぎて、億劫になってしまい今日までズルズル。結果はこの通り。 やっぱり、初めて落ちてしまいました。過去の遷移はこんな感じ。 1206 1209 1212 1304 1307 Listening : 265 -> 245 -> 290 -> 275 -> 240 Read…

も少しがんばれ左傾批評! −「風立ちぬ」周辺雑感−

宮崎駿の「風立ちぬ」は、その明らかに説明不足の模写や、時代背景に対して基本的な知識が要求されることなどから、世のオジさんにとっては、まさに語りがいがある作品だと思うんだが、それゆえ偉い人でも、結構おかしな事を言っていて、そこがまた面白い。…

5回目のTOEIC

さっぱり出来ませんでした。今までわずからながらも4回とも点上げてきたけど、今回は多分下がる気が。あーあ情けない。以上。 で終わるのもさすがに寂しいので、もう少し。前回出来たつもりが結果はまったくダメで、かなりモチベーションが後退した。その後…

日常生活の発見

相変わらず、静かで穏やかな生活を日々送っているわけだが、この歳になって発見することが多くてまったく飽きない。例えば、このところ35年ぶりくらいに朝食に食パンをトーストして食べるという習慣が出来た。35年前はまだ子供であり、放っておいても食卓に…

私は英語がきっぱり苦手です

はあ。今回は発表を指折り数えて楽しみにしていたくらいなのに、蓋を開けてみれば、やっぱこうだったわ。 以下は今回あわせて過去4回の得点推移。 1206 1209 1212 1304 Listening : 265 -> 245 -> 290 -> 275 Reading : 225 -> 265 -> 250 -> 275 Total : 4…

夜明け前に逃走予定のグリフォン

ええーっ十回書けば議論って終りなのー!? けどこれ続くな。一生続くな。あの世でも続くな。生まれ変わっても続くな。地球が暗黒物質に飲み込まれても続くな。そうして再びビッグバンが起きても続くな。というわけで、前回のおれのはここ、それに対するグリ…

うしみつくんグリフォン

さすがに酷い。誤魔化し・揚げ足取り・言い訳・逐語反論しかなくなってしまった。あまりに酷過ぎて、こっちが呆れて止めるのを待っているとしか思えない。けど続くな。一生続くな。あの世でも続くな。生まれ変わっても続くな。地球が暗黒物質に飲み込まれて…

落日のグリフォン

これ続くな。一生続くな。あの世でも続くな。きっと生まれ変わっても続くな。というわけで、前回のおれのはここ。で、グリフォン様のはここ。どんどん酷くなってるんだけど、大丈夫なのかなグリフォン様。 その例証内容自体の話と解釈するなら、それに関して…

四回目のTOEIC

日曜日に今年初、合計4回目のTOEIC受験。今回は場所が初めて大学の校舎(明治の和泉)で、懐かしい感覚を覚えたものの、今時のカンファレンスルームと違って、席の前後の間隔狭いし、居心地わりーなどと思いながら、受けてきた。今回は「出来た」という感覚…

麗しのグリフォン

これ続くな。一生続くな。いやあの世でも続くな。というわけで、前回のおれのはここ。グリフォンの反論はここ。さて、今回は謝罪から。 ・・・・・・ご覧ください↓ http://www20.tok2.com/home/gryphon/data/kakikakenhb.MP4 確認しにくかったら、「NHBニュ…

黄昏のグリフォン

さっ続き続き。一生続くなこれ。おれの前回はここ。それに対するグリフォン様のはここ。 >「論」だ「議論」だって言っておいて、その程度のもんなのか。つまり「感情的な罵詈雑言」はなしだけど、揚げ足取りあり・論理的インチキあり・誤魔化しはありだと …

逆ギレてやがて哀しき議論のグリフォン

うーむ、人って哀しいね。特にグリフォン様方面とか。というわけで、こことここの続き。グリフォン様の反論(にはまったくなってないけどね)はここ。 >おれに「論」だ「議論」というんだが、それは議論という言葉より、ディベートという言葉からイメージさ…

ラフメイカー・グリフォン

只管続いて、今回はツイッターへの要望の件。おれのはここ。グリフォン様のご意見はこちら。ところで、グリフォン様は、近頃やたら、おれに「論」だ「議論」というんだが、それは議論という言葉より、ディベートという言葉からイメージされるような、つまり…

ターミネーター・グリフォン

ここの続き。毎度迅速なグリフォン様の反論はここ。今回も冒頭から楽しい。 しかしまあ、彼と関わりたくないという人の多くが、賢明にも、実際に関わらないようにしている中で、当方も同様に、彼とは心から関わりを持ちたくないと思いつつ、丁寧に対応してい…

スイーパー・グリフォン

議論は続くよ、どこまでも。まあ、おれは、あんまり議論してる気になってないんだが。ここの続き。グリフォンの反論はここ。前回のおれの、答えないとこはどうなのかな? という疑問に対するグリフォンの返答は以下の通り。 などなどについて、端的にお答え…

ルーパー・グリフォン

ここの続き。グリフォンの反論はここ。これさあ、こっちが何を言っても、延々屁理屈書き続けて、こっちが呆れて止めるまで続けるつもりでいるとしか思えないんだが。 【IE】カーソルがタブに来ていない(青信号)→カーソルがタブの一部に触れると、×が浮かび…

感情的になっているのはどっちだ

ここの続き。反論ごときものがあったんだが、まずは彼が枝葉と片付けようとしている部分から。おれにとってはこっちが本論なので。これを受けて、自分はすぐにツイッターで呟いた。 ああ、やっぱ分かってないんだーという致命的ミスをラストの方でしているの…

論理はいつも面倒くさくて茶化しているだけの方が楽しい

前振り丁寧に書くの面倒。この辺参照。 グーグルクロームのデザイン上の欠陥。複数開いてる時は目当てのタブをクリックするのだが、閉じる為のX印がむきだしでしかも台形状なので見るつもりのクリックが「消す」ボタンを押した扱いになり消える。書きかけ文…

私に神のお恵みを

やべえ、最低ツキイチは更新するつもりでいたのに、忘れるところだった。随分歳は取ったとはいえ、さすがにこの歳で、こんな静かな生活してていいのかなと一瞬思ってしまうほど、相変らず、静かで平安な生活を送っていて、かと言って、モノを読んだり観たり…

男の冷え性

ようやく寒さも峠を超えたとは言え、今日などまだまだ寒いですが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。ワタクシは相変らず快適に引きこもり、人生の晩年に向けての準備に、諸々勤しんでおります。 * * *さほど暑がりではないんだが、酷い汗かき…

私は英語が依然として出来ません

新年早々、TOEICの結果報告という、どよーんとするネタなのだが、今回の結果は以前にも増して、まったく面白くない。適度に上がっているんだよねえ(6月:490点、9月:510点)。かと言って、おれって爺さんなのにスゲエというほどでもなく。リスニング・リ…

ワンピファンの為の映画

まだ公開されたばかりなので、基本ネタバレはなしで「ONEPIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」の話。尾田栄一郎が深く係わった前作(と言い切ってしまう)の「ストロングワールド」はここで書いた通りイマイチだった。が、今回はバツグンにいい。しか…

三回目のTOEIC

昨日、三回目のTOEICを受験。また駄目でした。いやね、申し込んでおけば、勉強する気が増すだろうという事で短い間隔で挑戦することにしたんだが、この数週間、精神活動的にやや低調な日々を送ってしまい、ほぼ試験勉強ゼロで当日を迎えることになって。しか…

人生140文字以内

基本的に電話に出るという習慣がない。と言うと、大笑いされたり不思議がられたり呆れられたりする。そりゃ火急の用件であれば出る場合もあるし、自分からすることもあるんだが、そうこうしているうちに「あいつは電話に出ない」ということで、誰もかけてこ…

私は英語が相変らず出来ません

9月23日のTOEIC、結果出てがっくり、この有り様。 事態は深刻だ。前回は「全然出来なかった」と思って出来なかった。ところが今回は「前回より遥かに出来た」と思ってここまで出来なかった。初めて受けた前回の結果は「私は英語がまったく出来ません」。前回…

おれ、おめえらとは全然違うんだ

吉本隆明が死ぬ直前に、原発推進的な発言をしたらしいんだが、それは読んでない。読んでないんだが、らしいなあとは思った。近所に、死後数ヶ月経った今でも小さく吉本隆明コーナーがある本屋があって、あれっこんなのあったのかと、まあ大体は90年代末以降…

日常生活の壮健

五十になるまでに、全部自分を作り直してしまいたかったんだが、間に合いそうもないので、今年一杯、いやそんなケチなこと言わずに、この際、無期限に期間を延長してでも、しこしこ作り直しを続けることにした。つまり、これから五十代を生きるにあたっての…

黒澤明全30作・極私的見所解説その7

六週目「黒澤明全30作・極私的見所解説その6」はこちら。いよいよ最終週。テーマは「そして世界へ」、分からなくもないんだが、ちょっとおかしなテーマ設定だと思うわ。特に「そして」のところ。日本語の使い方というか、時制が間違っているというか。「羅…